報道関係者各位
プレスリリース

株式会社ユニクエスト

全国リフォームトレンド 45%以上が“新築から5年以下”の物件をリフォーム     ( リフォーム総研 8月度)

株式会社ユニクエスト・オンライン(本社:大阪市北区、代表取締役:田中 智也)は、リフォームのWEB販売を全国で行う『リノコ』のデータを活かし、「リフォームに関する調査報告(8月度)」を作成しました。
『リノコ』は、リフォーム業者の中で唯一、WEB上で見積もり金額を提示できるリフォームWEB販売サイトです。
リフォームの全国WEB販売サイト『リノコ』:http://www.renoco.jp/

■リフォーム総研 8月度(ユニクエスト・オンライン調べ)
【調査概要】
◆当社サービスの利用者のデータ(8月度)を分析し、リフォームの傾向を調査しました。
・調査期間:2012年4月1日~2012年8月31日
・対象者:「リノコ」リフォーム施工者

【主な調査結果】
◆4割以上の方が、築年数5年以下の物件をリフォーム
“築浅物件”と言われる、築年数5年以下の物件をリフォームする割合が最も高く、45.7%を占める。

◆7割以上の方が10万円以下のリフォームを依頼
10万円以下の施工依頼がもっとも多く71.4%、50万円以上の依頼は4.2%と依頼件数が少ない。

◆7割近くの方が初回問合せ~施工終了までが20日以内
低金額のリフォームを手軽に行いたいという傾向が顕著で、問合せから20日以内で工事も終了している。



■リフォームのWEB販売サイト【リノコ】の特徴http://www.renoco.jp/about/
(1)追加料金なし
(2)日本全国どこでも対応
(3)1年間の工事保証
(4)WEB販売に特化することで、リーズナブルな価格設定を実現

■リフォーム市場の概要と問題点
新成長戦略(2010年6月閣議決定)により新築中心の住宅市場からストック型への転換を図るため、2011年の推計値約6兆円の住宅リフォーム市場の規模は、2020年には倍増させる目標が掲げられています。
その一方で、リフォーム工事の訪問販売による相談件数は年々増加し、年間6,000件以上の相談が国民生活センターに寄せられています(国民生活センター「訪問販売によるリフォーム工事」調べ 2012年)。

また、国土交通省が消費者を対象に実施したアンケートでは、リフォームする際に重視する点の最多回答は「価格の透明性」が64.1%となっており、価格の不明瞭さを払拭することはリフォーム業界の課題とも言えます。
しかし、リフォーム市場はインターネットでの情報開示が進んでおらず、一般消費者は相場感を掴みにくいのが実情です。
インターネット上でリフォーム会社を比較・一括見積りできるWEBサイトも存在しますが、最終的には訪問販売へ誘導するスタイルのものばかりで根本解決には至っていません。

■今後の展望
当社が『小さなお葬式』:http://www.osohshiki.com/を中心に培ってきたインターネット×リアルサービスの販売ノウハウを活用し、既存のリフォーム業者とは一線を画したサービスを提供することでリフォームを低コストでもっと気軽で身近なものにします。
そして、永く快適に暮らせる住環境を提供するインフラとなり、社会に貢献して参ります。